こだわり

楽長ラーメン
ラーメンとは美味しい麺・美味しいスープ・美味しい具材が三味一体となって表現された料理だと考えます。
それをわかりやすい言葉で表すと

「三味一杯」

この三味一杯を麵屋楽長。のアイデンティティーとしてかかげます。

1.麺へのこだわり

麺
岡山製麺業の最大手の一つ株式会社富士麺ず工房様より中太ストレート麺を使用。
上質の小麦を使い丁寧に仕込んだ麺です。スープとの相性もぴったりです。
「コシと弾力に自信あり」

2.スープへのこだわり

resize楽長。_1944
かえしからすべて手作り、醤油のかえしは1週間以上ねかし、手間ひまを惜しまずに旨味を引き出したスープは店主が一人で全て仕上げています。
スープに5時間、下処理に1時間しっかりと愛情と情熱を注ぎこみました。

3.具材へのこだわり

guzai
麺屋楽長。では各具材にまでこだわり、全て手作りで仕込みを行っています。
各具材の煮込みにかかった時間は
メンマ:5時間
味玉:1晩
チャーシュー2時間

具材にまでこだわった店主の「三味一杯」のラーメンを是非ご賞味ください。

4.店名に込めた想い

岡山駅構内のにある大人気ラーメン店で3年半修行の後、自らが作る職人かたぎの岡山ラーメンの一押しは「楽長ラーメン」。店名でもある「楽長」には、岡山を元気づけるビジネスマンに向けて、日々の仕事から解放されるひと時を末永く楽しんで頂きたいとのの強い想いが込められています。

5.岡山ラーメンを観光資源に

岡山でも表町は、観光地「岡山城・後楽園」に最も近接した知る人ぞ知るラーメン激戦地。
岡山を元気づけるビジネスマンに向けた新しいスタイルのラーメン店の創出と、新たな観光資源となる岡山ラーメンの新たな展開を目指し、岡山アワード2014「建築インテリア・プロダクト部門」賞受賞者である毛利真也さんとタッグを組んでデザインおよび監修を行っていただきました。国際色豊かな実績を生かし、地元サラリーマンから外国人観光客や女性客の心をキャッチする新しいラーメン店を目指して行きます。
resize楽長。_5970resize楽長。_5034